認知症の人が施設で

    最近注目されている方法

    認知症とは一度かかってしまうとなかなか完治すること...

    Readmore
    うつろな認知症の人

    認知症の種類と性質について

    認知症は大きく二つに分類されます。 1つは「アル...

    Readmore
    病室の認知症の人

    認知症予防に有効

    高齢になると多い病気の一つに「認知症」があります。...

    Readmore
うつろな認知症の人

認知症は大きく二つに分類されます。
1つは「アルツハイマー型認知症」、もう1つは「脳血管性認知症」です。
「アルツハイマー型認知症」は脳血管の性質や性状が変化する事によって起こるといわれていますが本当の原因はまだ分かっていません。
「脳血管性認知症」は脳梗塞や脳卒中、脳出血などが原因で起こります。
「アルツハイマー型認知症」は女性に発症が多く70歳前後で好発します。
緩やかに進行し、症状は固定的です。
初期に記憶力や注意力の低下が見られ、急性の錯乱など精神的な症状も見られるようになります。
人格も初期に大きく変容することが多いです。
脳CT上は徐々に萎縮していく経過をたどります。
「脳血管性認知症」は男性に発症が多く50歳前後で好発します。
まだら様な症状で普通の暮らしをしている人が突然感情的になったりします。
経過は前者に比べると早期に進行します。
人格変容はあまり多くありません。 続きを読む

病室の認知症の人

高齢になると多い病気の一つに「認知症」があります。
認知症は誰にでも起こり得る病気なので日ごろから予防することが重要になります。
認知症の予防法の一つとして、サプリを利用する方法があります。
サプリは色々な種類がありますが、認知症に効果があるのは、DHAやEPAなどの成分が入ったサプリです。
DHAやEPAはカツオやイワシなどの青魚などに多く含まれる成分で、脳の伝達をスムーズにし、記憶力を高めてくれる効果があります。
DHAやEPAは必須脂肪酸で、体の中で作られる成分ではないため、食べ物やサプリなどで補給しなくてはなりません。
これらのサプリは高齢者だけではなく、若い人でも効果があります。
認知症は脳の機能の低下によって起こるものなので、脳の働きを活発にすることが予防につながります。
脳の働きがいつまでも活発でいられるようにするためには、高齢になる前から予防していくことが大切になります。
食品やサプリで必要な成分を補給しながら、日常生活でも脳を使うよう意識すると効果的です。
サプリ以外の認知症予防には、編み物やマージャンなど手を動かす趣味を持ったり、計算問題を解いたりすることも有効です。
手を動かすことは、脳の働きを良くします。 続きを読む

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930